手術室看護師の業務内容は主に2つあります

手術室看護師は特に特殊と言える職種です。それは患者さんと手術室でしか関わりを持たないからです。しかし手術室看護師は手術のスペシャリストになりたいと考える人にとってはピッタリの職種と言え、その仕事に天職と感じる人も多くいます。また病棟看護師として成長したいと考えた時もより専門的な知識を基に看護ができ、質を高める事ができます。

手術室看護師は全科目の手術を担当します。科目によって扱う器具や手順が異なるので全てを把握する必要があります。また外回りでは患者や患者の家族に対しメンタルケアを行ったり、必要に応じ医師のサポートをする事もあります。つまり看護師の業務内容は主に2つあります。1つは手術室では医師がスムーズに手術を行えるように最適な器具を素早く手渡しして手術時間の短縮を働きかけたり、必要であれば患部を直接援助する事もあります。2つ目は術前後では患者とその家族のケアを行い、手術全体の流れを把握する役割を担い、常に周りに目を配りながら動きます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ