整形外科で働く看護師の業務内容

整形外科は外科の診療科目の一つで、骨や筋肉、関節、靭帯、脊髄、脊椎、神経などを含む姿勢をキープしたり、身体運動に関わること全ての器官の外傷や疾病を治療する科です。整形外科で診る主な症例としては、外傷(骨折や捻挫など)、肘膝関節の疾患、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症などがあり、これらの症状の完治や改善を目指すと共に、失われた運動能力の回復も行います。

具体的な処置としては、手術、温熱・電気・水・光線などの物理療法、リハビリテーション、薬物療法、ブロック注射など様々なものがあるため、整形外科で働く看護師にはそれなりの知識と技術、経験が必要になります。そして、看護師が行う業務内容としては、医師の診察の介助、患者さんの経過観察、検査の準備や介助、採血・注射・点滴、器具の滅菌作業、ギブスや包帯の交換、ケガや病気で動けない患者さんの身体介助、患者さんのメンタルケア、その他手術後のケア方針の説明や患者さんへの生活指導も行います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ